ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリの正しい選び方を教えます。

眼精疲労と頭痛を改善する「クロセチン」


 

「クロセチン」とはクチナシの果実(種子)や、サフラン(ハーブ)でよく知られている黄色い天然色素の成分で、カロテノイドの一種です。にんじんに含まれているβ-カロテンや、トマトのリコピンも、同じカロテノイドに分類されます。

 

カロテノイドは強い抗酸化作用を持っています。抗酸化作用は活性酸素を抑える働きがあり、眼病予防などに役立ちます。なかでもクロセチンは分子が通常のカロテノイドより小さいため、体内に吸収されやすく目のすみずみにも届きやすい特徴を持っています。

 

クロセチンは、1kgのクチナシの実からわずか数gという貴重な成分で、古くから生薬としても利用されています。こちらでは、そのクロセチンの効果について詳しく解説します。

 

クロセチンの眼精疲労の改善効果

目は毛様体筋という筋肉の伸び縮みによって、カメラでいうレンズの役割りをする水晶体の厚みを調節します。この水晶体の厚みが変わることで遠くにあるものや近くにあるものをハッキリと捉えることが出来ます。いわゆるピンと調節というものですね。

 

しかし、一定の距離のものを凝視しすぎると、毛様体筋の緊張が長時間続き凝りかたまってきます。これにより目の周りの血流も悪くなり、細胞や神経に酸素や栄養が届きにくくなってしまい眼精疲労をおこします。

 

 

そこで、この眼精疲労の改善にオススメなのがクロセチンです!

 

クロセチンには血流を改善する作用あります。このクロセチンの作用により目の血流が改善することで、細胞や神経に充分な栄養が届けやすくし、眼精疲労の改善や凝り固まった毛様体筋を改善してくれます。

 

また、クロセチンの強い抗酸化作用は、目に悪影響をおよぼす紫外線やパソコン、スマートフォンのブルーライトなどの刺激で発生する活性酸素を抑えてくれるので、老化からくる加齢黄班変性症や緑内障の予防にも期待でききる成分です。

 

先にお話しましたが、クロセチンは「分子量が小さい」という特徴がある為、ダイレクトに目に働きかけてくれるので眼精疲労の改善に非常に効果が高いといわれています。他にもクロセチンには、神経を保護する作用があるため、目の疲労回復を妨げる、睡眠障害を改善する効果も持っています。

 

眼精疲労からくる肩こりや頭痛もクロセチンが改善

クロセチンは血流の改善によって眼精疲労を和らげてくれるため、目の疲れ目からくる肩こりや頭痛の緩和にも効果があります。疲れ目、眼精疲労になると、目の周りの毛様体筋が凝り固まって血流が悪くなります。

 

 

これにより視神経が疲労してしまい神経が繋がる脳や首・肩まわりの末梢神経に害が及び、頭痛や肩こりなどににつながります。一般的には、「緊張型」「偏頭痛」と呼ばれる頭痛にクロセチンは効果があるといわれています。

 

・緊張型
頭がキリキリとしめつけられて、肩や首のこりが特徴で、長時間続いたりめまい、倦怠感をともないます。
・片頭痛

月に数回発作的におこる頭痛で、左右どちらかのコメカミ、または両側がズキンズキンと痛み、吐き気を伴うこともあります。

 

この2つの頭痛は、眼精疲労が原因である可能性が高い為、クロセチンの摂取によって改善する可能性があるといわれています。

 

まとめ

蓄積しやすい目の疲労にはクロセチンが配合されたサプリメントがおすすめです。目の疲労は、休養をとっても簡単に症状が改善されず、頭痛や肩こりの原因にもなります。

 

眼精疲労からくる頭痛は、長引くと自律神経が乱れてうつ病などを引き起こす可能性もあります。クロセチンを毎日摂取して眼精疲労や頭痛・肩こりを予防・改善しましょう。

 

クロセチン配合のおすすめサプリはコチラ

 

目を健康に保つ成分

TOPへ戻る