ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリの正しい選び方を教えます。

まぶたの痙攣は予防・改善できる?


 

まぶたがピクピクと痙攣する原因として考えられるものは2つあります。ひとつは「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」、もうひとつは「眼瞼(がんけん)ミオキミア」というものです。

 

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

未だ明確な原因は分かっていませんが、「脳の機能障害」や、「脳梗塞などの他の病気」、「抗うつ薬などの投薬」により引き起こされるのではないかと考えられています。一般的には、初期にドライアイのような症状が現れます。両まぶたにピクピクと痙攣が起き、次第にまぶたを上げていられなくなることもあります。

眼瞼(がんけん)ミオキミア

眼精疲労やストレスによって起きるといわれています。通常は片方のまぶたにピクピクと痙攣が起きますが、一時的なもので数日で治まります。

 

①の眼瞼痙攣の疑いがある場合は、すぐに眼科での検診が必要です。②の眼瞼ミオキミアの場合は、次のような予防・対策方法があります。

 

疲労による瞼の痙攣「眼瞼ミオキミア」の対策

眼瞼ミオキミアの主たる原因は、目の使いすぎなどによる眼精疲労です。そのため次のような眼精疲労を改善することで、ピクピクするまぶたの痙攣の対策をしましょう。

眼精疲労の改善方法

・目の休息、睡眠をしっかり摂る

物を見ることは目に光が入ってきているということです。光の中には紫外線やパソコンの画面などから出るブルーライトなどの強いエネルギーをもった光もあります。この有害な光は目の細胞に悪影響を及ぼし、眼精疲労を起こしやすくしてしまいます。

 

定期的にまぶたを閉じて休息を摂りましょう。また、夜更かしなども目の酷使につながりますので、睡眠はしっかり摂りましょう

・目の運動、ストレッチをする

眼球を動かしたり、目のピント調節をしたりする為に、眼球に周りには筋肉がたくさんあります。ずっと本やパソコンの画面など同じところを見続けていると、この筋肉たちは使われなくなることでドンドン衰えていきます。そうなると、栄養を送る血液の流れが悪くなり、目の細胞が栄養不足を起こしてしまいます。これが眼精疲労の原因となるので筋肉をほぐす為に、目の運動やストレッチが必要です

 

まぶたを閉じた状態で眼球をぐるぐるとゆっくり回してみましょう。右回り5回、左回り5回、これをパソコンの長時間使用などのあとに行うと凝り固まった筋肉をほぐしてくれます。

・目や目の周りを暖める

目や目の周りを温めることで、筋肉の凝りをほぐしたり、血液の流れを良くし、眼精疲労を改善させいます。蒸しタオルなどをまぶたの上にのせて温めると良いです。濡らしたタオルを電子レンジで1分ほど温めると、ちょうどよい蒸しタオルが出来ます。

・ストレスを溜め込まない

ストレスは「イラつき」や「うつ」などの精神的に悪影響を与えるだけではありません。私たちの体はストレスを溜め込みすぎるとホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れてしまうことで新陳代謝が悪くなったり、血行不良などを引き起こしてしまいます。

 

これによって眼精疲労が起きやすくなってしまいます。休日を使って遊びや運動でストレス発散上手に発散させましょう

 

ピクピクまぶたの痙攣を予防する

まぶたがピクピク痙攣する主な原因は眼精疲労です。これを改善する方法は上記で解説しましたので、次は予防をする方法を解説します。

 

眼精疲労の予防には、「抗酸化作用」の高い成分の摂取が必要であるといわれています。それはなぜかというと、眼精疲労がおきやすくなる原因のひとつに「加齢」があります。

 

加齢は細胞が老化することです。この細胞の老化を促進させてしまうのが、「活性酸素」という酸化力の強い酸素の存在です。活性酸素は私たちの体の免疫機能の一つですが、ストレスや外部からの刺激によって発生してしまいます。

 

そこで、この活性酸素を抑える働きのある抗酸化作用のある成分を摂取することで、加齢を抑えて眼精疲労を予防を図るのです。この抗酸化作用のある成分として注目されているのが「ルテイン」「ゼアキサンチン」などのカロテノイドと、「アントシアニン」などのポリフェノールです。

抗酸化成分でまぶたの痙攣を予防しよう

・ルテイン、ゼアキサンチン

 

どちらも目の網膜に存在するカロテノイドとよばれる色素成分で、マリーゴールドにも多く含まれています。強い抗酸化作用をもち紫外線などの強い光の刺激により発生する「活性酸素」の働きを抑えます。とくにルテインは、青色光(ブルーライト)を吸収する性質があり、パソコンなどから出るブルーライト対策にはもってこいの成分です。

 

 

・アントシアニン

 

ベリー系の果物に多く含まれるポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があります。目が捉えた光を脳に伝える「ロドプシン」を活性化させる働きがあるといわれていて、眼精疲労で起きる視力低下の改善に良いといわれています

 

最後に

まぶたのピクピクする痙攣は、眼精疲労などからくるものが多く、予防・改善することは可能です。しかし、両まぶたの痙攣やドライアイのような前兆があったときは「眼瞼痙攣」の可能性がありますので注意が必要です。

 

また、片方のまぶたの痙攣だから安全というわけではありません。その後口元やアゴまで痙攣してしまう「片側顔面痙攣」という症状もあるようなので、こういった症状が出た際はすぐに病院で検査してもらってください。

 

眼精疲労にからくるまぶたの痙攣が多い方におすすめのサプリはコチラ

 

目に関する知識

TOPへ戻る