ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリの正しい選び方を教えます。

レーシック手術で視力回復


「レーシック手術」とは、レーザーメスを用いて視力を矯正する手術の事であり、従来のような眼鏡やコンタクトレンズといった器具を用いる事なく、角膜の部分を削る事により屈折率を変えピントを合わせて矯正する方法です。

 

1990年ギリシャ人の眼科医が開発したのが始まりといわれており、2006年~2008年頃に日本でもレーシックを利用する人が多くなったといわれています。

 

当時はまだ手術に使用する器具にレーザーメスではなく刃のついた器具を使用していたことや、現在ほどの技術が伴わなかった為、感染症などのトラブルも多かったようです

 

現在のレーシック手術について

近年飛躍的に技術が進歩し、現在では進化型レーシックと呼ばれる最先端の手術法が出現したことにより当時に見るようなトラブルはほほとんど無くなりました

 

また、取り扱う医療機関も充実し、より手軽に手術が受けられるようになってきた為、長年眼鏡やコンタクトレンズといった器具での矯正生活にわずらわしさを感じていた方々にとっては非常に魅力を感じる手術です。

 

しかし、レーシック手術はすべての方が受けることができるわけではありません。まずは、病院での事前に検査を受ける必要があります。この検査の結果によっては、レーシック手術ができないと判断される方もいます

 

 

もちろん、これらの事前の検査を受けてもレーシック手術が100%安全を保障できるものではありません。レーシック手術後に起きる可能性のあるリスクには次のようなものがあります。

 

レーシック手術におけるリスク

 

・一時的なドライアイの発症

レーザーで角膜を削った際に角膜内の神経にダメージを与えてしまい、涙の分泌機能が上手く働かなくなることで起きます。通常このダメージを受けた角膜の神経は、およそ6ヶ月程度で自然修復するので一時的な発症になります。アフターケアが充実している病院ならレーシック手術後のドライアイ用に点眼液を処方してくれるとこともあります。

 

・「ハロ」、「グレア」現象

夜間の車のライトなどがボヤケて見える現象を「ハロ」現象、ライトがまぶしく見える現象を「グレア」現象といいます。目は暗い場所では、より光を捉えやすいようにと瞳孔が開きます。この瞳孔の開きがレーシック手術で角膜を削った範囲よりも広がることで、目に入る光が乱れてこのような現象が起きます。

 

個人差はありますが、この現象に慣れて気にならなくなったり、瞳孔の開く大きさに変化が現れることで、ボヤケやまぶしさを感じなくなります。

 

・過矯正

レーシック手術での視力矯正が過剰に働きすぎて、遠視になってしまう可能性があります。急激な変化から頭痛やめまいを覚える方もいます。再手術を受けることで治療が可能です。

 

・リグレッション(近視の戻り)

稀にレーシック手術で削った角膜が修復してしまい、矯正前の状態に戻ってしまうことがあります。個人差がありますが、すぐには戻らず手術後の半年から1年ほど経過した後に戻ることがあるといわれています。再検査、再手術により治療がされることもあります。

レーシック手術を受けるにあたって

 

いざレーシック手術をしたいと考えた時、気になるのはやはり費用ではないでしょうか?最先端の医療技術を駆使した手術ですから、かなりの高額をイメージする方も多いと思います。

 

実際には、現在のレーシック手術の一般的な相場からすると、平均的な手術費用としては両目合わせておよそ20万円低度から35万円のあたりといわれています。

 

決して安いといえる金額ではありませんが、「眼鏡を買い替えたり」「使い捨てのコンタクトレンズを買い続ける」等のことをふまえて、日々のわずらわしさからも逃れる事が出来るのであれば、悪い話ではないのではないでしょうか。

 

また、実際にレーシック手術を受ける場合には、安全面や確かな技術力を求める人が多く、一般的な眼科ではなくレーシック専門の病院での手術選択する人が多いようです。こういったレーシック専門の病院が選ばれる理由には、最新の機器や高い技術力だけでなく、手術代金も比較的リーズナブルに設定されているということがあるようです。

 

最近のレーシック手術は、昔に比べて安全に受けることが出来るといわれていますが、それでも必要な検査や医師の説明が十分でなかったり、手術後のアフターケアが万全でないような一部の病院などは未だあるようです

 

そこで、レーシック手術を安心して受けるために病院選びが重要になります。病院を選ぶ際に次のポイントをチェックしましょう。

 

レーシック手術を安心して受ける病院選びのポイント

    • 日本眼科学会で認定された専門医による手術である
    • 日本眼科学会が定めたガイドラインを遵守している
    • 手術前の検査や説明をしっかりしてくれる
    • 手術のアフターケアが充実している
    • 治療の経験年数や実績数が多い
    • 最新の医療機器がある
    • 手術費用などの料金が明確に提示されている

 

これらのポイントをしっかり抑えて、病院のホームページで調べたり、直接問い合わせしておくことが病院選びで大切なことです。

 

レーシックの術後にはルテインがおすすめ!

レーシック手術のメリットとされるのが、1度施術を行えば基本的に効果は半永久的に続くといわれる点です。これから先の人生が快適にすごせるのは非常に魅力的ですね。

 

しかし、残念ながらその後の生活習慣によっては、加齢などの原因となる「活性酸素」の影響などにより目の細胞の衰えを早めてしまい、視力が低下してしまうという事もあります。

 

レーシック手術を受けて視力が戻ったからと安心せずに、術後も目を健康に保つ努力が必要です。そこで目の老化を抑える成分として注目されているのが「ルテイン」です。

 

ルテインは、目の網膜の中心「黄斑部」や「水晶体」に多く存在するカロテノイドという色素成分の一種であり、目を光の刺激から守り、強い抗酸化作用で活性酸素の発生を抑えて老化を防ぐといわれています。

 

 

ルテインは、体内で新たに生成することが出来ない物質の為、食事やサプリメントで毎日補給が必要です。ルテインで目を守りレーシック手術で回復した視力を維持させましょう

 

まとめ

レーシック手術は、視力回復の効果が高く、現在では比較的安全に利用できるようになりました。すでに多くの人がレーシック手術により快適な生活を送っています。

 

レーシック手術を受ける際は、あとで後悔することのないようにしっかり手術のリスクを理解した上で、アフターケアなどを行ってくれる信頼できる病院で受けましょう。

 

せっかく決断して、決して安くない手術を行ったのですから、できればレーシック手術の効果を一生涯持続できるようにしたいものです。術後もルテインを毎日摂って目の健康維持をしましょう。

 

おすすめのルテインサプリはコチラ

 

目に関する知識

TOPへ戻る