ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリの正しい選び方を教えます。

ルテインサプリの「ドライアイへ」の効果


 

 

「ドライアイ」とは目の洗浄や保護の役割がある「涙」に異常が起きることで、目の表面が乾きやすくなったり傷ついたりしてしまう症状のことをいいます。

 

正常な涙は、まばたきをすることで目の表面にまんべんなく広がり、露出した内蔵とも呼ばれるデリケートな眼球を雑菌や乾燥から守ってくれます。

 

しかし、「長時間パソコンやケータイを集中して見る」、「乾燥しやすい場所にいる」などの要因によって、涙の量や成分が変わり蒸発しやすくなります。すると涙が目の表面をすべて覆うことができなくなりドライアイが起きてしまいます。

 

ドライアイの症状

・目が乾く感じがある

・目にかゆみや痛みが生じる

・目が疲れる

・かすみ目

・目にごろっとした違和感をおぼえる

・涙や目やにが多くなる

・目が赤くなる

・光をいつもよりまぶしく感じる

 

ドライアイは、そのまま放置しておくと目の表面に傷がつき、視力低下などが起きる可能性があるので予防や改善が必要です。そこで今話題の目の健康に必要といわれている成分「ルテイン」はドライアイの予防や改善に効果があるのでしょうか?

 

こちらでは、ルテインがドライアイの予防・改善にどのように働きかけるのかを解説します。

 

ルテインの効果は?ドライアイの予防・改善方法

ドライアイが起きる原因には、「パソコン作業などに集中してまばたきの回数が減る」「エアコンなどがついた乾燥する場所でいる」「加齢などにより涙を分泌する機能が低下する」「コンタクトレンズの使用や喫煙」などが関係しているといわれています。

 

このドライアイの原因のひとつ「加齢」は、細胞の老化(活性酸素の過剰発生)を抑えることで涙を分泌する機能を正常に維持することが出来ると考えられています。

 

そこで、活性酸素の発生を抑える力「抗酸化作用」の高いルテインが注目されています。

 

ルテインは目の網膜の中心にある「黄斑部」に多く存在している物質で、紫外線などの光の刺激から目を守ったり、老化の原因である活性酸素を抑えてくれています。

 

このルテインを摂取することで、加齢の進行を抑えて涙を分泌する機能の維持をはかり、ドライアイの予防や改善ができると考えらています。

 

もちろんドライアイの原因は上記でお話ししたように加齢だけではありません。そこでルテインの摂取以外で出来る一般的な予防・改善方法をご紹介します。

 

ドライアイの予防・改善方法

 

・パソコン作業などが多い方は適度に休憩を入れて目を休めましょう。まばたきを意識して行うのも良いです。

 

・エアコンなど空調が聞いた部屋では、直接の風を避けましょう。可能ならば加湿器を使用しましょう。難しい場合は休憩のときに適度に冷ました蒸しタオルをまぶたの上にあてると保湿効果や血流改善効果があり良いでしょう。

 

・タバコを吸うとビタミンCが消費され目を健康に保つビタミンCが不足しがちになります。喫煙は控えましょう。

 

・レンズ表面が乾きやすくなるためドライアイの方はコンタクトレンズの使用を控えましょう。

 

・目を使用している時間をなるべく減らし、夜は早く就寝し睡眠をしっかり摂りましょう。

 

これらのことを普段から気をつけてドライアイの予防・改善をしましょう。

ドライアイの治療方法

もしもドライアイの症状が「改善されない」「悪化してきた」という場合はすぐに眼科に相談してください。眼科で適切なドライアイの治療をしていただきましょう。

 

ドライアイの治療方法には、一般的に目薬や人工涙液などの点眼液を使った治療や、涙点プラグと呼ばれるもの付ける治療などがあります。また、最近では涙の渇きにくくする成分である油分を分泌するマイボーム腺のつまりを除去する治療方法などもあります。

 

 

点眼液を使用した治療

 

ドライアイ治療に使用される主な点眼液として3つあげられます。

 

・人工涙液

人工的に人の涙に近い成分で作られた液体です。涙の代わりに目に水分を補給してドライアイの改善をしてくれます。副作用はほとんどありません。

 

・角結膜上皮障害治療用点眼剤(ヒアルロン酸含目薬)

人工涙液のように目の水分を補給してドライアイを改善します。人工涙液よりも持続力があるため、傷ついた目の表面を修復する効果が高いです。副作用はほとんどありません。

 

・ジクアス点眼液(ジクアホソナルナトリウム)

目に水分を補給するだけでなく、涙が目に安定して広がる手助けをする「ムチン」と呼ばれる成分や水分の分泌を促す効果によりドライアイを改善します。安全性は高いですが、人工涙液や角結膜上皮障害治療用点眼剤に比べると、目のかゆみや痛み、充血やめやにが出るなどの副作用が確認されています。

 

 

涙点プラグを使用した治療

 

涙点プラグは、現在固形のシリコン製とジェル状のコラーゲン製のものが主に使われています。涙点プラグはメーカーによりサイズや値段も異なります。

 

涙点と呼ばれる涙の出口の穴にプラグで栓をします。これにより涙を目の表面に溜めドライアイの改善を図ります。基本的には取り外しをしてお手入れなどの必要はなく安全性も高いのですが、自然に抜け落ちてしまうこともあるようです。また、人によっては異物感を強くかんじる方もいます。

 

 

マイボーム腺の分泌物を促進させる治療

 

マイボーム腺から分泌される脂分は、涙の蒸発を抑える働きがあります。しかし、このマイボーム腺が脂分で詰まってしまうと涙に油分が足りなくなり蒸発する速度が早まりドライアイになります。

 

そこで目を温める器具を使用してマイボーム腺を温めて詰まった脂分を溶かし分泌を促します。また、温めても詰まりが改善されない場合は、専用器具で直接マイボーム腺から詰まった脂分を取り出したり、圧迫して押し出してドライアイ改善をはかります。

 

最後に

ドライアイを放置すると目の表面が傷ついてしまい視力低下や眼病などを引き起こす可能性もありますので、「ドライアイかな?」と感じたら早めに眼科で診察を受けてください。

 

また、ドライアイ予防の為にもパソコンやスマホの長時間使用や夜更かしは止めて、目をしっかり休めましょう。加齢によるドライアイの予防のためにもルテインをしっかり摂りましょう

 

ルテインはケールやほうれん草などの野菜に含まれていますが、ルテインサプリで摂取すると効率もよくお手軽でオススメです。

 

おすすめのルテインサプリはコチラ

 

症状別効果

TOPへ戻る