ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリの正しい選び方を教えます。

ルテインサプリの「黄斑変性症」への効果


近年、増え続けている眼病のなかに「黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)」とういう病気があります。

 

 

黄斑変性症とは、視界の一部が黒く見えなかったり、空間やものがゆがんで見えてしまう症状です。黄斑変性症には、主に高齢者にあらわれやすい「加齢(かれい)黄斑変性症」と呼ばれるものがあります。

 

その名のとおり、加齢が原因で網膜の中心にある「黄斑部」に異変があらわれて視界に異常が発生する症状で、アメリカでは失明の原因となる病気のトップに上げられる病気です。

 

なぜぼやけてしまうのか?それは黄斑部のさらに中心部を「中心窩(ちゅうしんか)」と呼ぶのですが、この中心窩は目の焦点(ピント)のあった位置の光を受ける部分で最もハッキリと映像を捉えることが出来る部位です。

 

その為、この中心窩を含め黄斑部に異常があらわれると物がぼやけてしまいハッキリと見れなくなり視力低下が起きます。

 

そこで、この黄斑部の異常を未然に防ぐ為に効果的といわれている成分が「ルテイン」です。こちらでは、ルテインが加齢黄斑変性症に対してどのような効果があるのかを解説します。

 

ルテインサプリで黄斑変性症を防ぐ

ルテインは、加齢が原因で起きる黄斑変性症「加齢黄斑変性症」に有効であるといわれています。それはルテインの持つ強力な抗酸化作用が関係しています。

 

そもそも加齢黄斑変性症は、「萎縮型」「滲出型」とよばれる2つのタイプにより起きます。

 

加齢黄斑変性症の2つタイプ

 

萎縮型

老化などが原因で網膜の細胞が変化し老廃物が溜まることで、細胞が栄養不足になり網膜の裏側にある網膜色素上皮が萎縮してしまい、網膜や黄斑に異常をきたします。

 

滲出型

網膜の裏側に新生血管とよばれる非常に脆い血管が発生し、その新生血管が破れ血液が滲み出すと網膜が腫れなどを引き起こし黄斑に異常をきたします。

 

なぜ新生血管は発生するのか?

 

それは、老化などの原因で網膜の細胞が変化して老廃物が溜まり栄養が網膜に正常に行き渡らなくなると、栄養を送るために身体は新しい血管を無理やり作り出してしまうからです。

 

その為、どちらの黄斑変性症のタイプも、網膜の細胞の老化を抑えることが出来れば網膜に正常に栄養が行き渡り、網膜色素上皮の萎縮や新生血管の発生を抑えることが出来るのではないかと考えられました。

 

そこで注目されたのが網膜の中心である黄斑部に存在するルテインです。ルテインは、老化を促進する目に入る有害な光や活性酸素の発生を防ぎ、網膜の老化を抑えてくれる働きがあります。

 

つまり、ルテインが網膜の細胞の老化を抑えることで、加齢黄斑変性症の発症を予防できると考えられているのです。しかし、ルテインは新たに体の中で作ることはできず、加齢とともにどんどんその数が減少してしまいます。

 

それを補う為には、外部からルテインを取ることが大切だといわれています。ルテインは、ホウレン草などを食べることで補給することが出来ますが、効率よく眼病予防に必要な摂取量を摂るならルテインサプリがオススメです。

 

黄斑変性症の治療

加齢黄斑変性症の予防にはルテインサプリが有効ですが、治療となるとサプリメントでは難しいので眼科での処置が必要です。それでは加齢黄斑変性症の治療にはどんなものがあるのでしょうか?

 

加齢黄斑変性症には、萎縮型と滲出型の2つのタイプがあることはすでに知っていただきましたが、残念ながら萎縮型の加齢黄斑変性症には未だ効果的な治療方法が見つかっておりません。ですから、こちらで解説するのは滲出型の加齢黄斑変性症の治療法になります

 

加齢黄斑変性症(滲出型)の治療法

 

1.光線力学的療法(PDT)

「ビズダイン」とよばれる光に反応する特殊な薬と、網膜へのダメージが少ないレーザー光線をつかって網膜の裏側に伸びた新生血管を閉じさせる治療方法です。この治療方法は検査を行いながら数回に分けて新生血管を閉じていきます。

 

このビズダインは日光などの強い光にも反応することがありますので、投薬後は3日ほどの入院が必要になります。また、この治療方法はあくまで症状の進行を抑えるものであり、失ってしまった視力を戻す効果はありません。

 

2.抗VEGF抗体(抗血管新生薬)療法

新生血管の成長を抑える「抗VEGF抗体」とよばれる物質を投薬して症状の進行を防ぐ治療法です。目の硝子体に注射して投薬しますので、感染症の危険性もあり医師の指示通りに抗菌剤の点眼が必要になります。こちらの治療も症状の進行を抑えるもので、視力回復の効果はありません。

 

現在では、この2つの治療方法が加齢黄斑変性(滲出型)の治療に使われています。

 

まとめ

視界の一部に黒く見えないところが出来たり、視界がゆがんで見える眼病「黄斑変性症」。そのほとんどは加齢による細胞の変化により起きる「加齢黄斑変性」とよばれる眼病で、日本人にも高齢者に多く見られる症状です。

 

加齢黄斑変性は、網膜の細胞の老化を抑えることで発症のリスクが下げられると考えられています。現在では投薬などの治療方法がありますが、失われてしまった視力は取り戻せません。ルテインサプリを飲んで加齢黄斑変性の予防に努めましょう!

 

おすすめのルテインサプリはコチラ

 

症状別効果

TOPへ戻る