ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリの正しい選び方を教えます。

ルテインサプリの「緑内障」への効果


 

目の角膜や水晶体に栄養を送る血液と似た働きをしてくれる液体「房水(ぼうすい)」。この液体は目の栄養補給だけでなく目の球状の形を保つ働きもあります。この房水が目を球状に保つ力を「眼圧(がんあつ)」といいます。

 

「緑内障(りょくないしょう)」は、なんらかの異常により眼圧が高くなることで視神経を圧迫し障害が起きる目の病気です。視神経に障害が起きる為、正常に脳に情報を伝えることが出来ず視野が失われてしまいます。

 

日本では、40代の中高年の方に起きることが多い眼病とされています。緑内障の症状はゆっくり進行し、少しずつ視野が欠けるため非常に自覚しにくいと言われています。そのため、対処が遅れてしまい「失明」に至る患者さんもいます。

 

緑内障の種類と原因

緑内障は、原因となる眼圧異常によっていくつかの種類に分けられます。

 

緑内障の種類

 

・原発緑内障

他の病気などが原因でなく起こる緑内障です。目の角膜と虹彩の隙間の房水が流れる「隅角(ぐうかく)」と呼ばれる流路が狭くなったり塞がれたりしてしまうことで正常に房水が流れなくなり眼圧が上がる「原発閉塞(げんぱつへいそく)隅角緑内障」と、隅角が開いているにもかかわらず眼圧が上がる「原発開放(げんぱつかいほう)隅角緑内障」があります。

 

「原発閉塞隅角緑内障」は、急性発作が起こることがあり頭痛、吐き気などの症状が起きることがあります。

「原発開放隅角緑内障」には、眼圧が正常にもかかわらず視神経に障害が起きる「正常眼圧緑内障」というものもあります。

 

・発達緑内障

先天的な隅角の異常により起こる緑内障です。生まれたときから眼圧が高いと眼球が大きくなることがあり、放置すると防水の流れが正常でも視神経に障害が起きることもあります。赤ちゃんの緑内障は進行が早いため早急に手術をする必要があります。

 

・続発緑内障

目の怪我や病気、またはステロイド薬が原因で起きる緑内障です。隅角が開放されて起きる緑内障と、閉塞して起きる緑内障があります。

原因となる病気とともに治療されることが多いです。

 

このように緑内障には大きく3つの種類に分けられます。このなかで最も日本で多いのが正常眼圧緑内障と言われています

 

ルテインで緑内障の発症リスクを抑える

 

正常眼圧緑内障は、40代以降の中高年や近視の方に発症が多く見られます。その為、加齢が正常眼圧緑内障を引き起こす要因のひとつだと考え、加齢の原因のひとつ「活性酸素」を抑えることで正常眼圧緑内障の発生のリスクを下げることが出来るのではないかと研究されています。

 

そこで今注目されているのがルテインです。ルテインには活性酸素を抑え、さらに活性酸素を生み出す原因のひとつである紫外線などの有害な光を防ぐ効果があります。

 

このルテインの高い抗酸化作用により細胞の酸化をおさえることで、眼圧を高めてしまう房水の排出異常などを防ぎ、緑内障を予防できるのではないかと考えられています。

 

今現在ではルテインが緑内障の特効薬となるという確証は得られていませんが、ルテインを摂取した緑内障患者の中には眼圧が下がったという声もあるとされています。近い未来ルテインの緑内障への有用性が認められる日が来るかもしれませんね。

 

まとめ

失明の可能性もある恐ろしい眼病「緑内障」。その原因のひとつに目の形を保つ房水の圧力「眼圧」が上がることで、視神経にダメージをあたえてしまい起きるものがあります。

 

これは加齢などのが原因で房水の流れに異常が起きると考えられています。細胞の加齢を抑えるには活性酸素を抑える働きがある成分「ルテイン」が有効ではないかと研究されています。

 

緑内障などの眼病を抑えるには1日約20mg~40mgのルテインの摂取が必要だといわれています。これだけのルテインを摂取するならルテインサプリがおすすめです。ルテインサプリを毎日摂取すれば緑内障の発症のリスクを下げることが出来るかもしれません。

 

おすすめのルテインサプリはコチラ

 

 

 

症状別効果

TOPへ戻る