ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリの正しい選び方を教えます。

ルテインサプリの「VDT症候群」への効果


 

VDT症候群という言葉をご存知でしょうか?「VDT(Visual Display Terminals)」とは、パソコンやスマホ、テレビなどのモニター画面のことを差します。

 

このVDTを長時間使用することで目だけでなく心身に悪い影響が出ることを「VDT症候群」と呼びます。(テクノストレス眼症と呼ばれることもあります。)

 

VDT症候群の主な症状

・目の症状・・・視力低下、眼精疲労、充血、ドライアイ

 

・身体的症状・・・だるさ、肩こり、腰痛、手の痺れ

 

・精神的症状・・・イライラする、不安を感じる、抑うつ状態になる

 

なかでも特に問題視されているのが目の症状です。現代社会においてパソコン、スマホ、テレビ等は必需品といっていいほど、日常で目にすることが多い物になりました。

 

しかし仕事やプライベートでVDTを長時間使用することにより眼精疲労、視力低下などの目の問題をかかえてる人が年々増え続けていおり、対策を何もしていないと重大な眼病を患う可能性も高くなりとても危険です。

 

そこで、こちらで解説いたしますVDT症候群の原因や対策方法などをしって眼病を予防することをオススメします。

 

VDT症候群はなぜおきるのか?

なぜVDTを使用し続けるとあらゆる症状がおきるのでしょうか?その原因の多くは、VDTから発せられる「ブルーライト(青色光)」にあるといわれています。

 

ブルーライトは自然界にもある光で、目で捉えることのできる光の中で最もエネルギーが高く、光の波長も短いのが特徴です。ブルーライトの高いエネルギーは目の奥にある光を映像として捉える網膜にまで届き、網膜やその中心部にある黄斑部にダメージを与えてしまいます。

 

ダメージを受けた網膜や黄斑部は、黄斑変性症をおこし、網膜はく離や失明の原因となります。さらに光の波長が短いブルーライトは光が散乱しやすいため、その光を必死に捉えようと視覚機能が働く為に眼精疲労や充血につながります。この眼精疲労により肩こりや腰痛など身体的な悪影響も生じます。

 

また、夜にパソコン、スマホ、テレビ、ゲームなどブルーライトを発するVDTを使用すると、ブルーライトを感知した身体が「メラトニン」と呼ばれる眠気を誘うホルモンの分泌を低下させてしまい、不眠症などの生活リズムを崩れるきっかけになります。

 

 

生活リズムが崩れるとホルモンバランスが崩れ、イライラや抑うつ状態と精神的にも悪影響が出ます。そのため、正しいVDT症候群対策を行ってブルーライトの脅威から目を守ることが大切です。

 

ルテインが最適!VDT症候群対策

それでは、VDT症候群そしてブルーライト対策にどのようなものがあるのかをご説明いたします。

 

1.適度な休憩

パソコンやスマホなどの画面を長時間見るのは止めましょう。1時間おきに10~15分ほど画面から目を離して休息を取ってください。意識的にまばたきをして目を潤すことも大切です。

 

2.適度な運動

同じ姿勢でいると身体が緊張し肩こりなどの原因になります。休憩の時に軽く身体を動かしましょう。肩をまわす、伸びをする、屈伸をするなど軽くでもいいです。また、身体を動かせば血の巡りも良くなるので、目に栄養を運ぶ血流も良くなります。

 

3.適切な環境

暗所での作業は止めましょう。まぶしく感じない程度の明るい場所で作業しましょう。また、姿勢も大切です。イスに座っての作業の場合はしっかり腰を奥までかけて背筋を伸ばしましょう。さらに画面との距離は40cm以上取るようにしてください。

 

4.適切な器具

視力が悪い方は、視力に合わせたメガネやコンタクトを使用しましょう。ブルーライトを軽減するモニターシートやメガネも市販されていますのでオススメです。普段からこの4つの対策をとるように心がけていればVDT症候群の症状の予防改善に繋がります。

 

最後に

ブルーライトを発するものはVDTだけではありません。太陽光や白色LEDを使用した照明器具などからもブルーライトは出ています。

 

そこで、上記に解説しました対策方法以外にブルーライトの脅威から目を守るのにオススメするのが、天然のサングラスとも言われる「ルテイン」です!ルテインは、緑黄色野菜などに含まれる天然色素成分でブルーライトを吸収する性質と強い抗酸化作用が特徴的なカロテノイドの一種です。

 

このルテインは、目の網膜や水晶体に多く存在し、ブルーライトを防ぎ、紫外線などの刺激で発生する活性酸素の過剰発生(加齢の原因のひとつ)を抑えてくれるので、眼病予防などのに役立ちます。

 

しかし、加齢とともに減少してしまう為に外部からの補給が必要です。ルテインはホウレン草やケールなどの緑黄色野菜にも含まれますが、効率よく摂るならルテインサプリで摂りましょう。

 

なかなか手放せないパソコンやスマホ・・・そんな方には是非ルテインサプリと正しい対策方法で目や心身を守ってもらいたいです

 

おすすめのルテインサプリはコチラ

 

症状別効果

TOPへ戻る