ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリ効果おすすめ解説ガイド〜目の健康サポート〜

ルテインサプリの正しい選び方を教えます。

目の健康を保つルテインサプリの選び方

「パソコンを見ていると目が疲れる…」

「スマホの光が強く感じる…」

「視界がぼやける…」

「近頃よく目が乾く…」

 

このような目の不調に関することで、お悩みの方はいませんか?

 

食事改善をして、ビタミンや目の休息をしっかりとっているのに、なかなか解消されないと感じていませんか?そんな方は、おもに目に必要な栄養成分の、ルテイン不足が原因のひとつにあげられます。

 

ルテインといわれる成分は、緑黄色野菜に多く含まれており、目に入ってくる有害な光や眼病から、目を守ってくれる色素成分で、強い抗酸化作用があり、老化を抑える役割も果たしてくれるすぐれものです。

 

ですが、ルテインは体内で生成することができず、加齢と共にどんどん失われてしまいます。ルテインが不足することにより、目が有害な光のダメージを受け、あらゆる症状を引き起こしてしまいます。

 

しかし、このルテインを外部から補給することで、目の悩みが解消されている人が増えています。

 

以前は仕事でパソコンを使うため疲れ目に困っていた方も、ルテインを毎日とり続けてからは、長時間のパソコン作業も楽に感じています。

 

ルテインは毎日とり続けることが大切です。そこで、効率よくルテインを補うために、オススメするのがルテインサプリです!

 

なぜルテインを摂るのに、サプリメントがオススメなのか??その理由は2つです。

 

1.一日に必要なルテインの量が簡単に摂れる

2.ルテイン以外の目にいい栄養成分も一緒に摂れる

 

しかしサプリメントの安全性に少し不安を感じ、抵抗をもつ方もいるのではないでしょうか?

 

そこでオススメするのが、天然ルテイン配合のサプリメントです。市販されているルテインサプリには、「天然ルテイン」「合成ルテイン」の、2種類のルテインが使用されています。

 

合成ルテインは安価で手に入りますが、副作用も確認されており安全とはいえません。しかし、天然ルテインはキク科のマリーゴールドから抽出した天然成分ですので、安心して使用することが出来ます。

 

天然ルテインが安心して使用できるのは分かったが、今度は天然ルテイン配合のサプリメントが多すぎて、どれを選べばいいのか分からない…

 

という方のために、ルテインサプリの選び方をご紹介します。

 

天然ルテインサプリの選び方

天然のルテインサプリを選ぶポイントは、以下の4つになります。

 

 

 

 

それぞれについて、今から説明していきます。

 

・ルテインの含有量をチェック

ルテインは通常1日あたり6mg程度、摂取できれば効果的です。眼病対策を考えるなら含有量の目安として、1日あたり20mg~40mgを摂取できるサプリメントを選びましょう。

 

・フリー体ルテイン配合を選ぶ

実は天然ルテインにも種類があり、フリー体ルテインルテインエステル体の、2つに分けられます。フリー体ルテインとは、人体にもともと存在するルテイン成分と同じものですが、ルテインエステル体は、フリー体ルテインに脂肪酸がひっついたもので、マリーゴールドなどから、抽出されたままの状態のものをいいます。

 

フリー体ルテインは、体内にそのまま吸収されますが、ルテインエステル体は、吸収される際に消化酵素により、脂肪酸の分量が取り除かれてしまうため、同じ含有量で表記されてあっても、吸収量が変わってしまいます。

 

・ルテイン以外の配合成分をチェック

ルテインと一緒に摂取することで、効果を高める成分として、ゼアキサンチン・アントシアニンを大量に含む、ビルベリーなどがあります。またルテインのサポート成分として、ビタミンや亜鉛酵素などの、ミネラルが含まれているものもオススメです。

 

・コストパフォーマンスで選ぶ

ルテインサプリの効果を実感するには、使い続けることが大切です。しかし長く使うには、やはり金銭的な悩みもでてきます。成分や配合量が変わらないのなら、一日に必要なルテインを、低コストで摂取できるものを選びましょう。

 

おすすめサプリ

■めなり

■実感力が違うから94%の人がリピート注文!

通常のビルベリーより2倍以上の吸収性と持続力をもった

特許取得ビルベリーを100%使用し業界トップクラスの

配合量を実現しました。

 

天然ルテインとゼアキサンチンは網膜の黄斑部と

同じ5:1の比率でバランスよく配合してあり、

 

還元力(物質の酸化を取り除く力)の高いアスタキサンチン

とクロセチンを配合することでルテインの効能を

サポートしてくれます。

めなり

■価格 ■ルテイン品質 ■配合量 ■コストパフォーマンス
■初回価格1袋907円(税抜) ■フリー体(天然ルテイン) ■1日2粒12mg ■1日あたり約33円

「めなり」は高品質な成分を贅沢に配合した、いままでにない実感力が

あるとして喜ばれているサプリです。

 

GMP取得工場で製造されているので、品質についても安心です。

 

気になる価格ですが、「特別モニター毎月お届けコース」

なら、初回は1か月分が907円(税抜)で申し込めます。

 

1日あたり33円と格安です。

 

配合成分の含有量も申し分なく、コスパも良い理想のサプリメントです。

■朝のルテイン&プラセンタ

■飲みやすいゼリー状で業界トップのルテイン40mg!

業界トップレベルのルテイン配合量。

1本分に40mgもルテインが含まれています。

 

フローラグローといわれる特許製法により精製された

フリー体天然ルテインで信頼性も高いです。

 

「朝のルテイン&プラセンタ」は国内初のプラセンタエキスと

よばれる成分を6000mgも配合しています。

朝のルテイン&プラセンタ

■価格 ■ルテイン品質 ■配合量 ■コストパフォーマンス
■初回価格1箱3920円 ■フローラグロー(天然ルテイン) ■1日1本40mg ■1日あたり約131円

こちらのサプリメントは、カプセルや錠剤ではなくゼリー状の

食品で、マンゴー味ですごく飲みやくカロリーも1本36kcalと控えめです。

 

1日1本食べて約131円とすこし値が張るように感じますが、

1本に40mgものルテインが含まれているために

眼病対策を考えている方にはコストパフォーマンスが高いです。

 

「朝のルテイン&プラセンタ」は

初回であれば通常価格の半額以下の3920円です。

■ビルベリープレミアムα

■豊富なポリフェノール含有量が魅力

ビルベリープレミアムαは新成分としてルテイン、メグスリノキ、

アスタキサンチン、ビタミン郡などを加えて新たにリニューアルされました。

 

14種にも及ぶ天然成分を配合され、マキベリー、ビルベリー、カシス、

エルダーベリー、赤ワインエキス、この5つから抽出された10種類以にも

及ぶポリフェノールがルテインとともに働き目をスッキリと実感させてくれます。

ビルベリープレミアムα

■価格 ■ルテイン品質 ■配合量 ■コストパフォーマンス
■通常価格1687円(税込) ■マリーゴールド色素(天然ルテイン) ■1日1粒8mg ■1日あたり約56円

ポリフェノールのなかには、ロドプシンの再結成に役立つ

アントシアニンだけではなく、高い還元力(物質の酸化を取り除く力)

をもったカテキン、エピカテキン、ミリセチン、ケルセチン、ルチンなども

含まれています。

 

品質においてもこだわりぬき、GMP認証工場にて製造されたサプリ

ですので安心して飲めます。

 

コストパフォーマンスは高く通常価格で1日あたり56円と

安定して安く買い求められます。

ルテインが飛蚊症を改善する3つの成分

視界にゴミのような物が浮いて見える・・・

 

そんな症状にお悩みの方はいませんか?

 

それは、飛蚊症とよばれる症状の可能性があります。飛蚊症は読んで字のごとく、蚊のような小さいゴミが飛んでいるようにみえる症状です。

 

目の硝子体とよばれるやわらかい部分が、加齢や紫外線などにより活性酸素が発生し、細胞が劣化することで、濁りのようなものができるのが原因です。

 

残念ながら今現在でも、飛蚊症に対する有効な治療方法は見つかっておりません。ですが、飛蚊症の原因である老化や紫外線などの、対策に有効とされている栄養成分があり、予防や症状の進行を抑えることはできます。

 

その栄養成分とは、次の3つ成分になります。

 

 

・ルテイン

カロテノイドの1つ。主に水晶体や黄斑部(網膜の中心)と呼ばれる部分に多く存在し、酸化防止剤としての作用がある。青色光を吸収する特性がある。

 

・ゼアキサンチン

カロテノイドの1つ。ルテインとともに、目の黄斑部という網膜の中心に位置する見えるものを知覚する、重要な器官を構成しているカロテノイドで、もっとも光が集まる黄斑部を、有害な光の脅威から守ってくれる。

 

・アスタキサンチン

カロテノイドの1つ。高い坑酸化作用があり、紫外線から生体を守る作用がある。

 

この3つの成分に共通する坑酸化作用が、飛蚊症の原因である活性酸素の発生を抑え、発症のリスクを下げてくれるのです。しかし飛蚊症のなかには、網膜はく離により発生するものがあります。そのまま放置しておくと、失明の危険性もありますので、飛蚊症に気づいた方は、一度眼科で検査を受ける事をオススメします。

 

症状別ルテインの効果

どのような症状に、ルテインは効果を発揮するのでしょうか?

順番にみていきましょう。

 

 

 

緑内障

 

ルテインサプリで緑内障の治療はできるのか?主に眼圧(眼球内の圧力)が高くなることで、視神経が圧迫されて視力障害を起こし、失明の危険まであるといわれる、有名な眼病のひとつ緑内障。

 

緑内障で受けた視神経の障害は、残念ながら現在の医学で治す術は、見つかっておりません。しかし、そのまま緑内障を放置しておくと、失明する恐れがあるので、早期治療などで症状の進行を止めることが必要です。

 

恐ろしいことに、緑内障のほとんどは慢性型といわれ、痛みなどの自覚症状を感じにくく、少しずつ視野が暗くなっていく程度の症状で、多くの人は気づくことができずに悪化してしまいます。

 

そこで、ルテインサプリで目の細胞の健康を維持することで、眼圧を高くする原因のひとつである房水の流れを改善し、普段から緑内障予防や症状の悪化を防ぐことが、有効な手段の1つとしてあげられています。

 

黄斑変性症

「視界の中心が暗く見えづらい・・・」

「見ているものの中心が歪んで見える」

 

これらの症状は、黄斑変性症の可能性が高いです。黄斑変性症は加齢黄斑変性症ともよばれ、アメリカでは失明をおこす病気として、1位にあげられます。

 

今日では日本でも、高齢化や食生活などの欧米化が進み、増加の傾向にあります。

 

加齢黄斑変性症には、網膜の中の網膜色素上皮といわれる細胞の下に、網膜の栄養不足などから生じる「新生血管」から漏れた血液や成分などの老廃物が黄斑部を障害する「滲出型」、網膜色素上皮がなんらかの原因で萎縮してしまい、黄斑部が障害される「萎縮型」の2つがあります。

 

どちらも網膜のゆがみにより、黄斑部が正常に光をとらえられず、視界の中心がゆがんで見えたりします。やがて症状が進行すると視力低下や、視界の中心が暗く見えなくなります。さらに酷くなると、色覚を失うことや失明の可能性もあります

 

滲出型の黄斑変性症には、レーザー治療や注射による薬物治療など、有効な治療方法もありますが、萎縮型には残念ながら、有効な治療方法は見つかっておりません。

 

また、滲出型も治療方法はあるものの、高額な費用やリスクを伴います。ですので、まずは黄斑変性症の予防を意識して、目の健康を維持することが大切です。

 

そこで、原因である新生血管の発生を抑えるために、網膜に必要な栄養素を摂り、細胞を健康な状態に保つことが必要になります。

 

網膜の健康を保つ為には、何が必要か?

 

それは、ルテインです。網膜を構成するルテインは、青色光を吸収する性質を持っており、紫外線などの有害な光から、目を保護してくれます。

 

また、加齢や紫外線によって生じる活性酸素の発生を抑え、取り除いてくれるため、健康維持には欠かせません。しかし、ルテインは加齢とともに減少してしまいますので、毎日ルテインサプリで補給して、健康を維持していきましょう。

 

視力回復

 

視力低下の原因はたくさんありますが、一般的に多く見られるのは、屈折異常といわれる原因です。

 

これは、遺伝的な要素も含まれていますが、本やパソコンなど一定の距離を、長時間見続けることにより、目のピントを合わせる力が弱まったりすることで起きる異常で、環境の改善が必要であり、ルテインの効果は期待できません。

 

しかし加齢黄斑変性などの、病気が原因で起きる視力低下では、少し変わります。ハッキリいってしまうと、病的原因であってもルテインには、視力回復効果は確認されておりません。ですが、視力低下の原因の1つである活性酸素の増加による細胞の劣化を、ルテインの坑酸化作用で抑えるため、病気の進行を抑制します。

 

そのためルテインサプリには、病的原因の視力低下の進行を抑えるがあるといえます。

 

ドライアイ

 ドライアイは、目に渇きを感じるだけではなく、「かゆみ」や「痛み」、「涙」や「めやに」がよくでる、といった症状をも引き起こします。

 

ドライアイの主な原因は、涙の分泌量や成分の異常といわれています。また最近では、涙に含まれる油分を出す、マイボーム腺という器官が詰まるため、涙の蒸発が早まるという声もあります。これらの異常や詰まりは高齢者に多く見られ、加齢による細胞の劣化が原因だと考えられます。

 

もともと人体には、SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)酵素とよばれる抗酸化物質があります。SOD酵素は体内で発生した活性酸素を、除去する働きをもっています。SODは、細胞の劣化を抑えてくるのですが、加齢とともに生成される量が減少してしまいます。

 

そこで、ルテインの登場です。ルテインにはSOD酵素を活性化させ、活性酸素発生を減らすという、研究結果が確認されています。そのため細胞の劣化を抑制することに繋がり、マイボーム腺や涙腺を、正常に維持してくれます。

 

またルテイン自身にも、カロテノイド特有の強い抗酸化作用があるために、この老化の原因の1つである活性酸素を抑え、細胞を健康に保ちます。

 

ルテインサプリは、体内で生成されるSOD酵素の活性化と、自身の坑酸化作用の2つの効能により細胞を健康に維持し、ドライアイ解消に役立ちます。

 

ルテインサプリを眼科医がすすめる4つの理由

「ルテインサプリって効果あるの・・・?」

 

そんな声を、よくネットで目にします。

 

たしかに明確な医学的根拠は、現在確認されておりません。しかしアメリカの研究機関による、加齢黄斑変性症患者を対象にした、大規模な臨床試験が行われており、βカロチンなどを摂取した被験者より、ルテインを摂取した被験者の方が、加齢黄斑変性の進行リスクを、18%も減少させたという結果が発表されています。

 

このように、ルテインはその有効性に期待され、研究を続けられています。そのため眼科医の中には、積極的にルテインサプリの摂取をすすめる方もみられます。

 

なぜ眼科医がルテインをすすめるのか??

 

それには、次のような理由があります。

 

 

1.紫外線から目を守ってくれる
ルテインは、青色光を吸収する性質をもっています。紫外線やパソコンやスマホから出る、青色光は強力なエネルギーをもった光線で、網膜の中心までに届き、黄斑部にダメージを与えます。黄斑部には、もともとルテインが多く存在しますので、青色光など有害な光から網膜を守ってくれるのですが、加齢ととともに減少してしまいます。ルテインは体内で生成されないため、減少し続けると有害な光により、眼病の発生のリスクを高めます。それを防ぐために、ルテインを効率よく摂ることが大切なのです。

 

2.ルテインの効果を高める成分が配合されている
黄斑部の中には、ルテイン:ゼアキサンチンが5:1の配分で存在しています。そのためルテインとゼアキサンチンは、この比率で摂取することが、もっとも効果が高いといわれています。ルテインサプリには、この比率で配合されているものや、アスタキサンチン、クロセチン、亜鉛などルテインの働きをサポートしてくれる成分が配合されているものが、オススメです。

 

3.眼病の発症リスクを抑えてくれる
眼病の発生のほとんどは、加齢が原因といわれています。加齢は人体に発生する活性酸素の増加が、深く関係しております。活性酸素とは、「物質を酸化させる力が強い酸素」のことで、本来は体内に入った悪い細菌やウイルスを、退治してくれる働きをもったものですが、これが増えすぎることにより、正常な細胞まで攻撃するようになり、老化の進行を進めます。そのため活性酸素の発生を抑えることが、老化の進行を抑え、眼病の発生リスクも減らしてくれるということです。そこでルテインの強い坑酸化作用が、有効的であるといえるので、ルテインサプリをオススメします。

 

4.継続して摂取しやすい
ルテインは、毎日継続して摂取することが大切です。毎日の食事でルテインが摂れると、理想的です。ルテインは食材で言えば、緑黄色野菜などに多く含まれております。なかでもケールやホウレン草は特にルテインが多く、ケールは100gあたり約30mgです。そしてホウレン草は、100gあたり約10mgも摂ることができます。ケールは青汁に多く含まれていますし、ホウレン草も油で炒めるなど、簡単な調理で摂取すると吸収率もあがり、どちらも毎日続けるにはオススメです。しかし、どうしても苦いのがニガテな方や、食事にかたよりがある方には、無味無臭のルテインサプリメントがいいでしょう。

 

ルテインサプリに入っているマリーゴールドの凄さ

ルテインサプリは、なぜマリーゴールドから抽出されているものが多いのでしょうか?

 

それは、マリーゴールドにはルテインを始めとする、たくさんのカロテノイドが含まれているからなのです。カロテノイドには、坑酸化作用があり、老化防止やガン予防に効果があると言われています。マリーゴールドはキク科の植物であり、昔から観賞用としてだけでなく、万能薬として使われてきました。

 

マリーゴールドの主な5つの効能

 

 

 

マリーゴールドはハーブとしても販売されていて、おもに上記のような坑炎症作用デトックス効果があり、生活習慣病や加齢による、体調不良などにも効果が期待されております。

 

ただしマリーゴールドには、女性ホルモン様作用がありますので、妊娠されている方や、キク科のアレルギーを持っている方は摂取を控えるか、一度眼科医に相談して下さい。

 

ルテインサプリを飲んだ方が良い人

 

日常でパソコンやスマホを使っていて、いつもより画面がまぶしかったり、疲れを感じたことはありませんか?

 

それは目に含まれているルテインが、不足しているのかもしれません。

 

ルテインは水晶体や網膜に多く含まれていて、有害な光から目を保護しているのですが加齢とともに数が減少してしまいます。

 

ルテインは黄色色素のカロテノイドであり、青色光を吸収する特性を持っています。青色光は太陽光にも含まれており、自然界にある光で、パソコンなどの液晶画面から放たれる光にも多く含まれています。

 

青色光は短い波長の光で散乱しやすいため、目のピントを合わす水晶体に負荷がかかり、疲れ目を感じるといわれています。

 

また、青色光はとても強いエネルギーをもっているため、眼球の奥の網膜にまで届き、目の組織にダメージを与えます。

 

これは、眼病の発症リスクを上げる原因に、なりうるとも考えられているのです。

 

そのためパソコンなどを長時間使用する人は、ルテインサプリを飲んで、目をしっかりと守りましょう。

 

ルテインサプリとブルーベリーサプリの違い

 

目に効くサプリとしてよく目にするのが、ルテインサプリとブルーベリーサプリです。この2つのサプリは、どのような違いがあるかご存知ですか?

 

大きな違いは、含まれている主成分の違いです。

 

ルテインサプリはその名のごとく、ルテインが主成分で構成されており、ブルーベリーサプリは、アントシアニンが主成分となっております。

 

この2つの主成分ルテインとアントシアニンは、似たような働きをもっておりますが、次のような大きな違いがあります。

 

・ルテイン

カロテノイドの一種。紫外線や青色光など有害な光を吸収し、老化の原因となる活性酸素を除去する効果がある。

 

・アントシアニン

ポリフェノールの一種。ルテインと同じように活性酸素の除去効果があり、「ロドプシン」といわれる視細胞の再合成を促す働きがある。ロドプシンとは、網膜に入ってきた光を脳に伝える働きを持ったたんぱく質で、光の「情報」を受け取ると分解され、受け取った「情報」を電気信号に変え脳に発信します。

 

この分解されたロドプシンが多くなってくると、目がぼやけたり、ショボショボしたりしてきます。

 

つまり、ルテインは目の保護効果が高く、アントシアニンは回復効果が高いのです。どちらも抗酸化作用があるため、眼病予防には必要不可欠といえます。

 

どちらの成分がいいという訳ではなく、どちらもとれるサプリをオススメします。

 

最後に

これまでルテインサプリについてお話してきましたが、最後にルテインサプリの、効果をまとめると次のようになります。

 

・紫外線などの有害な光から網膜や細胞を保護してくる。また、パソコンやスマホからでる青色光を吸収してくれる性質をもつ。

 

・カロテノイド特有の強い抗酸化作用をもち、体内で発生する活性酸素を抑え除去してくれる。

 

・活性酸素を抑えることにより、細胞の酸化(劣化)の進行を抑え正常な状態を維持する。

 

・細胞を正常に維持することにより、眼病の発生リスクを減少させ、眼病の進行を抑えてくれる。

 

残念ながら、今現在ではルテインサプリで、眼病治療の効果は確認されていませんが、眼病の進行や発症を抑えるには効果的と考えられています。

 

現代社会ではストレスや過労、運動不足や食生活の変化による栄養不足などが、原因で起きる目の病気や悩みが増えてきています。

 

ルテインサプリで目に必要な栄養を摂り、健康を維持しましょう。

 

⇒みんなが選んでいる!効果が分かるルテインサプリは?

 

TOPへ戻る